« 2008年12月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年3月 6日 (金)

講座のお知らせ

第63回くらしから原発を考える講座~

変動地形学と六ヶ所村周辺の活断層

「再処理工場の下に活断層って本当?」

原発一年分の放射能を一日で空や海に放出する青森県の六ヶ所再処理工場は、様々なトラブルから本格稼働が16回目の延期となっています。
講師の渡辺満久さんは、日本原燃(再処理工場の事業者)の報告書に矛盾を感じ、独自に六ヶ所村現地周辺を調査をしました。その結果、活断層特有の地形を確認し、再処理工場の下に活断層がある可能性を指摘しています。

新潟県の柏崎刈羽原発は、07年7月の中越沖地震で大損傷を受け、原発の「安全神話」を根底から揺さぶりました。「安全審査」は本当に大丈夫なのでしょうか。
渡辺先生の、科学的でわかりやすいお話を聞いてみませんか。

日時:3月14日(土)14:00~16:30(13:30受付開始)

会場:豊島区立生活産業プラザ(ECOとしま)6階 研修室1、2

※池袋駅東口より徒歩7分  
     豊島区東池袋1-20-15  03-5992-7011

講師:渡辺満久さん(東洋大学教授・変動地形学)

参加費:大地を守る会会員無料、非会員500円

定員:48名

受付締切:託児以外は申し込み不要。当日会場へどうぞ。

お問合せ:大地・原発とめよう会  tomeyoukai@daichi.or.jp

※託児について:大地を守る会会員対象(子ども一人500円)です。3月9日までで締め切っておりますが、このブログをご覧になった方で、必要な方は念のため上記E-mailにご連絡ください。

| | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年9月 »