« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

今月の数字8.6兆円の続き<後半>

前回は太陽光発電の助成金やコストについて記載しました。

で、今回は本題の核燃料サイクル、主に再処理工場のコストについて考えてみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、次に日本の核燃料サイクル政策について考えてみたいと思います。

日本では、火力、水力、原子力などによって発電を行っていますが、原子力発電の場合、その放射性廃棄物が大きな問題となっています。

日本の各発電所から出た低レベル放射性廃棄物は、青森県六ヶ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターに運ばれます。

また、使用済み燃料も、 各原発で一定期間冷却したあと六ヶ所村に運ばれて、再処理工場の中の使用済み核燃料貯蔵プールに送られます。 その後、プルトニウムなどを取り出す「再処理」をし、同時に低レベル放射性廃棄物から高レベル放射性廃棄物まで分けられ、高レベル放射性廃棄物はガラス固化体にして、再処理工場の敷地内にある高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターに「一時的に貯蔵」することになっています。

「サイクル」「再処理」というと、家庭用のゴミを分別して出すような、なんとなくいいことをしているような印象をあたえますが、実際は、「原発が1年で出す放射能を再処理工場では1日で出す」といわれるように、使用済み燃料のなかにある放射性廃棄物を環境中に放出することになってしまうし、取り出されるプルトニウムは、原爆の材料ともなるもので、その取り扱いのしかたは非常にやっかいです。

日本以外の国では、再処理をしないで、使用済み燃料を直接処分する方法をとっているところがほとんどです(核兵器に関連する国をのぞいて、再処理をしている国はないからです)。

ところで2004年に国の原子力委員会が開催した新計画策定会議では、(「基本シナリオの核燃料サイクルコスト比較に関する報告書」http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2004/kettei/sakutei041124.pdf

ウラン燃料の製造から再処理工場の建設・操業、放射性廃棄物の処理といった核燃料サイクル全体のコスト比較をすると、再処理した場合(シナリオ1)は42.9兆円、直接処分した場合(シナリオ3)は30.038.6兆円かかるとでています。(「新計画策定会議(第10 回)資料第7号」http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/sakutei2004/sakutei10/siryo7.pdf

ここからは、何十年も先のことまで含めた、だいぶ、大ざっぱな話になりますが、直接処分した場合を仮に真ん中の34.3兆円とすると、再処理しないほうが、約8.6兆円お金が浮くことになります。

誤解のないようにいっておくと、この8.6兆円という数字は、20022060年度の59年間について、そのシナリオ(方法)にそって処理を行えば、いくらかかるか、ということなので、再処理をやめようといったとたんに、8.6兆円のまとまったお金が出てくるわけではありません。

しかし、建設・操業費等だけでも11兆円といわれている 六ヶ所再処理工場は、度重なる事故のため、本格運転は早くても2010 10 月以降になる見込み(日本原燃http://www.jnfl.co.jp/press/pressj2009/pr090831-b.html 原子力資料情報室 http://cnic.jp/modules/news/index.php?storytopic=10)で、先ほどの試算(「基本シナリオの核燃料サイクルコスト比較に関する報告書」)では、2005年から六ヶ所の再処理工場が本格稼働するという前提で計算しているわけですから、すでに、シナリオじたいが破綻しているともいえるのです。

そうなると、建設・操業費が想定より高くなるでしょう。つまり、前述の42.9兆円という試算額はさらにふくらむ可能性が大きいということです。また、毎年800トンずつ40年にわたって処理するとしている想定も危うくなり、コストを引き上げる可能性が大きいと考えられます。

何兆円ものお金を、再処理など(つまり、原子力発電で発電し、再処理する方向)でなく、もし、仮に、太陽光発電をつけるために使えるとしたら……。太陽光発電だけに限らず、他の自然エネルギーの研究や普及のために使えるとしたら、どれだけのことができるでしょうか。

いま、さかんに事業仕分けなど、国のお金の使い方が見直されていますが、世の中の経済状況が厳しい今、お金を何のために使ったら有効に使えるのか、考えてみるといいかもと思いました。(もも)

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

11月21日のくらしから原発を考える講座のお詫び

みなさまへ

こんにちわ。

11月21日に予定しておりました下記講座で、講師の纐纈あやさんが事情によりご参加できなくなりました。

誠に申し訳ありません。

纐纈さんからお預かりした現地の映像とコメントを会場でご紹介させていただきます。

本橋成一さんのお話しの後、原子力資料情報室の伴英幸さんに上関原発の問題についてお話しいただきます。

どうぞ奮ってご参加下さいませ。

「第65回 くらしから原発を考える講座  チェルノブイリから祝島まで

私が出会った村人たち  ~本橋成一・纐纈あやのまなざし」

チェルノブイリ原発事故後もその周辺で暮らす村人たちを撮影した本橋成一さんからは、スライド・映像とともに当時の撮影エピソードや映画に込められた思い、また「祝の島」が初監督作となる纐纈あやさんからは、30年近く山口県上関原発に反対してきた祝島の人たちの最近の暮らしをラッシュ映像とともに伺います。

放射能と背中合わせでも、豊かな自然の中で伝統とともにつつましくしたたかに生きる村人たちをまっすぐな目線でとらえたお二人の映像と言葉は、私たちに静かに語りかけてくれることでしょう。

・会場:豊島区立産業プラザ(ECOとしま)7階会議室

(池袋駅東口より徒歩7分。豊島区東池袋1-20-15)

・参加費:大地を守る会会員は無料です。非会員お方は500円いただきます。

※当日直接会場にお越し下さい。なお会員の方のみですが、託児もあります(500円)。託児希望の方は下記アドレスまで連絡を下さい。

お問合せ:原発とめよう会  E-mail:tomeyoukai@daichi.or.jp

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

今月の数字 8.6兆円の続き

NEWS 大地を守る」11月号の今月の数字欄「8.6兆円 再処理をやめたら、使えるお金(試算)」を読んでいただき、ありがとうございます。読んでもよくわからなかったという人や、もっと詳しく知りたいという人のために、ここでは、コラムであげた数字の出所や、参考になるサイトを紹介したいと思います。

まず、太陽光発電の話から、ぼちぼち始めますね。

国ではいま、太陽光発電の導入を積極的に進めようとして、さまざまな施策を打ち出しています。

そのうちの一つが補助金制度で、自宅に太陽光発電システムを設置する場合、 今年の41日から、1キロワットあたり7万円の補助金を出すことにしました。

(太陽光発電普及拡大センター http://www.j-pec.or.jp/ 

んん?  補助金 って、いきなり言われてもなあ。

太陽光発電って、自宅につけると、いくらくらいするものなの?

戸建ての家庭用の太陽光発電システムの出力は、だいたい34キロワット程度といわれているので、仮に3.5キロワットの太陽光パネルを設置することにすると、約245万円かかりますが(太陽光発電システムの価格は、工事費込みで1キロワットあたり約70万円)、補助金がでることによって、220.5万円でつくことになります(もちろん、太陽光発電システムをつける人がたくさんでてくれば、太陽光パネルの価格はもっと安くなります)。

「ソーラー住宅普及促進懇談会報告書」(http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g90224c01j.pdf)で紹介している例によると、1世帯(4人家族)あたりの年間電力消費量は約4200キロワットアワーで、 電気代にして約96000円。 3.5キロワットの太陽光パネルを設置すると、年間の発電量は約3680キロワットアワーなので、不足する分を電力会社から買ったとすると、年間で電気代は約18000円。差し引き、約78000円(約8万円)電気代が節約できるといわれています。

ところで、太陽光発電システムをつけると、電力を買わなくてすむから電気代が安くなるだけじゃなくて、余った電力って売ることもできるんじゃなかったっけ?

そうです。

NEWS 大地を守る」11月号のコラムではふれませんでしたが、この111日から新しい電気の買取制度がスタートして、太陽光発電によって家庭で作られた電力のうち余った電力を、1キロワットアワーあたり48円で、電力会社に売ることができるようになりました。また、冒頭にあげた補助金の他にも各自治体が行っている補助金制度も合わせて使えるので、10年程度でコストを回収できるとしているものもあります(「METI Journal 2009910月号 http://www.meti.go.jp/publication/data/2009_09.html )。

また、太陽光発電システムの仕組みや、各種手続きの流れなどは、

太陽光発電協会 (http://www.jpea.gr.jp/index.html)などのページが参考になります。

ちょっと長くなりましたので、続きはまた次回に。。。

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

今月の数字 8.6兆円

NEWS 大地を守る11月号の今月の数字欄に、「再処理をやめたら、使えるお金(試算)」ということで、使用済み燃料を再処理した場合と直接処分した場合の発生コストの差額8.6兆円について報告しました。

も少し詳細について、この欄でご報告いたします。

ですが、ただいま鋭意執筆中につき、今しばらくお待ち下さいまし~

■お知らせでございます

来る11月21日土曜日の午後1時30分より、池袋の豊島区立生活産業プラザ(ECOとしま)で、とめよう会主催の講座を開催いたします。奮ってご参加下さい。

「第65回 くらしから原発を考える講座  チェルノブイリから祝島まで

私が出会った村人たち  ~本橋成一・纐纈あやのまなざし」

チェルノブイリ原発事故後もその周辺で暮らす村人たちを撮影した本橋成一さんからは、スライド・映像とともに当時の撮影エピソードや映画に込められた思い、また「祝の島」が初監督作となる纐纈あやさんからは、30年近く山口県上関原発に反対してきた祝島の人たちの最近の暮らしをラッシュ映像とともに伺います。

放射能と背中合わせでも、豊かな自然の中で伝統とともにつつましくしたたかに生きる村人たちをまっすぐな目線でとらえたお二人の映像と言葉は、私たちに静かに語りかけてくれることでしょう。

・会場:豊島区立産業プラザ(ECOとしま)7階会議室

(池袋駅東口より徒歩7分。豊島区東池袋1-20-15)

・参加費:大地を守る会会員は無料です。非会員お方は500円いただきます。

※当日直接会場にお越し下さい。なお会員の方のみですが、託児もあります(500円)。託児希望の方は下記アドレスまで連絡を下さい。

お問合せ:原発とめよう会  E-mail:tomeyoukai@daichi.or.jp

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »